2009年11月05日

ウオッカ、ダスカと共に3強と言われたベッラレイア引退

先日の府中牝馬Sを2着したベッラレイアが引退するようだ。

3歳の頃はウオッカ、ダイワスカーレットと共に3強と言われたが、結局、G1勝ちはならず。重賞制覇も3歳時のフローラS勝ちのみ。

しかし、前走の府中牝馬Sは久しぶりに彼女らしい競馬。時計の早い馬場でこその馬と再認識させられた。

繁殖としてはSSを付けられるのは強み。彼女の仔がウオッカやダスカの仔とターフを駆ける日が来る事を楽しみに待ちたいと思う。
posted by ジョム助 at 22:31| 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇賞(秋)5着のシンゲンが骨折

先日の天皇賞(秋)でも2番人気5着した戸田博文厩舎のシンゲンが骨折したようだ。

右橈骨遠位端骨折で手術をして現役は続行する模様。全治は6ヶ月程度と見られている。

春に新潟大賞典、エプソムCを連勝し力を付けてきたところだっただけに残念。

やはり、東京の高速馬場は馬にとっては脚への負担は高く、厳しい馬場なのかもしれない。

posted by ジョム助 at 21:46| 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。