2009年11月03日

JBCスプリント☆スーニ、久々のG1勝利

名古屋 9R JBCスプリント(G1)

1着 スーニ
2着 アドマイヤスバル
3着 リミットレスビッド
4着 ノースダンデー
5着 フジノウェーブ

勝ったのは勢いのある3歳世代、スーニ。スタートも問題なく、直ぐに好位の2番手。早め早めに動いていき4角先頭。
アドマイヤスバルに外から迫られたが、もう一度、突き放す形で3/4馬身差でゴール。
メンバーレベル的に世代交代というのは褒めすぎとして、短い距離の方が力は出せるようだ。


名古屋 9R JBCスプリント(G1)/払い戻し
単勝3180円
複勝3
5
2
100円
120円
350円
枠連3 - 5230円

馬連3 - 5250円

枠単3 - 5440円
馬単3 → 5430円
三連複2 - 3 - 51,570円
三連単

3 → 5 → 23,290円


※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。
posted by ジョム助 at 23:48| レース後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JBCクラシック☆ヴァーミリアン、史上最多のG1レース8勝

名古屋 10R JBCクラシック(G1)

1着 ヴァーミリアン
2着 マコトスパルビエロ
3着 ワンダースピード
4着 メイショウトウコン
5着 マルヨフェニックス

やはり、勝ったのは1.3倍と人気を集めたヴァーミリアン。
スタート良く、ハナにも行けそうな勢いだったが、マコトスパルビエロが行く気をみせたところで控えて3番手の好位。
4角では他馬の手が激しく動く中、抜群の手応えで先頭のマコトスパルビエロに並び掛けていく。
最後はマコトに思いのほか抵抗されたが、最後は力で捻じ伏せた。頭差でも完勝だろう。
この年齢まで高いレベルで能力を維持し続け、ダートとはいえ史上最多のG1レース8勝は賞賛に値する。


名古屋 10R JBCクラシック(G1)/払い戻し
単勝5130円
複勝5
10
12
100円
110円
100円
枠連5 - 7260円
馬連5 - 10270円

枠単5 - 7310円
馬単5 → 10350円
三連複5 - 10 - 12190円
三連単5 → 10 → 12560円


※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。
posted by ジョム助 at 23:36| レース後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

天皇賞-秋、カンパニー完勝、ウオッカは・・・

東京競馬場、芝二千で行われた今日の第140回天皇賞-秋。

優勝は8歳馬ながら衰えを感じさせない走りで直線を駆け抜けた横山典騎乗のカンパニー。

前走の毎日王冠勝ちにも関わらず、評価はそれほど高くなく5番人気。
スタートをスムーズに決めると前走同様、先団グループを見る形で内々を追走。

直線、外めに持ち出すと高齢を感じさせない瞬発力で後続を突き放す完勝。
タイムも昨年のウオッカが叩き出した1分57秒2とレコードタイ。

タイムが遅いとレースレベル云々が言われるところだが、これならケチのつけようがない。前半千m通過が昨年よりも1秒遅かったのだからなおさらだ。

G1最多タイが期待されたウオッカは戦前の不安的中で3着まで。ポジショニングが後ろだったのは問題ないが、脚を溜めながら最後、2着のスクリーンヒーローを捕らえきれず、あきらかに失速してしまったのは、やはり二千がこたえてしまったか。

さすがにこの年齢、どんな条件でも怪物級のパフォーマンスを魅せてきたウオッカも全盛期を過ぎつつある、という事だろうか。


第140回天皇賞-秋/払い戻し

単勝31,150円
複勝3
2
7
250円
700円
120円
枠連1 - 26,730円
馬連2 - 316,490円

ワイド2 - 3
3 - 7
2 - 7
3,830円
370円
1,340円
馬単3 → 229,270円
三連複2 - 3 - 79,970円
三連単3 → 2 → 7102,110円


※各レースの成績、払戻金は主催者発表のものでご確認下さい。
posted by ジョム助 at 22:43| レース後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。